2018年9月3日月曜日

【第68回】ウラル連邦大学の論文報奨金制度

私の職場には、論文をロシア国外の学術誌から出版すると学術誌のインパクトファクター(IF値)に応じて報奨金がもらえるという報奨金制度があります。一番少ないケースで2万ルーブル(IF値がつかない学術誌の場合)、最大で30万ルーブル(IF値が10以上の場合)が支払われます。職場のスタッフが論文に共著者として入っている場合には人数で等分されます。

赴任当初は、ロシアの全ての研究者に対して論文報奨金が支払われているのだと思っていましたが、実際は論文報奨金が支払われるのは、国が進めている高等教育改革プロジェクト(5-100プロジェクト)の重点大学に選定されている大学に属する研究者のみであることを最近知りました。

報奨金とは別に、ロシアでは外国の学術誌に論文を掲載する場合には国の検閲を受けなくてはいけません。この検閲のために論文原稿を登録するウェブサイトに原稿を登録しておくことが報奨金を受け取る条件となります。私のように5-100プロジェクトの重点大学に属している研究者の場合は、検閲サイトに原稿を登録しておいた論文が受理されると年に一回まとめて論文報奨金が支払われます。

検閲に関しては、私が専攻している天文学のような基礎科学分野では実質的に無検閲で、私の学科では過去に出版を差し止められたり改訂の注文を国からつけられたということは一度もないと聞いています。大学の中に原稿検閲専門のセクションがあり、このセクションの職員は大学の職員ではなく、連邦政府から直接派遣されて大学に滞在しているとのことです。

報奨金制度を、報奨金をもらう当事者として経験すると実にいろいろな問題があることがわかります。まず、同じ職場の研究者が複数著者に入っていると報奨金が人数で等分されるので、共著者に名前を入れる入れないでトラブルになることがあります。また、本来は共著者に名前を入れるほどのことではないような簡単な相談等を持ちかけても共著者に入れるように言われる場合があるので、職場の同僚に研究上の相談を持ちかけにくくなります。

さらに、報奨金は主著者でも共著者でも関係なく等分されるので、自分で主著者として論文を書くよりも、共著者として他人の仕事を少しだけ手伝い、共著者として名前を入れてもらって報奨金を稼ぐ「ずるい」人が大量に発生します。こういう態度は、傍から見ていてあまり感じの良いものではありません。

論文報奨金制度を経験して率直に思うのは、報奨金制度というものは学術研究の生産性向上にはほとんど寄与していないのではないかということです。工場におけるライン作業のような、もっと単純な労働であれば、報奨金によって生産性が向上するかもしれません。しかし、基礎科学研究のように、何度も試行錯誤を繰り返し、場合によっては、自分がやった仕事であっても、信頼のおけない結果であれば、世に出さないという厳しい判断すらしなくてはいけない高度に知的な仕事においては、報奨金がもらえるからといってアウトプットの質がよくなるなんていうことは、まずありえないと思います。

写真はイメージ。ちなみにこれは近所のスーパーで売っていたメモ帳です。
(2018年4月撮影)
前の記事へ
【第67回】在外公館の存在しない場所でパスポートを紛失した場合の対処

2018年8月31日金曜日

【第67回】在外公館の存在しない場所でパスポートを紛失した場合の対処

エカテリンブルクに赴任する時に一つ不安があったのが「日本の在外公館が近くにない」ということでした。在外公館が近くにない場合に一番不安なのが「パスポートを紛失したらどうなるか」ということですが、この点に関して在モスクワ日本大使館領事部にメールで質問したところ、とても丁寧な返事をいただきました。

以前、領事部から貰った返事の要点をツイートしたことがあるのですが、多数反応していただき関心をお持ちの方が多い様子だったので、ここにメールでのやり取りを原文そのままの状態で掲載しておきます。返事を貰った時期が多少古いのですが(2016年3月)、内容は今でも参考になるかと思います。なお、返信を頂いた領事部の担当者の方の名前は伏せ字にしています。


私の質問


在モスクワ日本大使館
領事部
担当様


エカテリンブルクに在住しております中島淳一と申します。

急ぎではないのですが、パスポート紛失時の対応について確認しておきたいことがありメールしております。(大使館のWebページを確認したのですが情報が得られませんでした。)

以下の点についてお返事いただけると助かります。

質問1:
私のように、日本大使館や領事館の存在しない都市に住んでいる邦人がパスポートを紛失した場合、どのようにパスポートを再発行して頂けるのでしょうか?大まかな手順を教えて頂けるでしょうか?

質問2:
おそらく、エカテリンブルクからだと、モスクワの大使館で手続きすることになると思うのですが、その場合、パスポート無しでは国内移動の飛行機に搭乗できないような気がします、パスポートをなくした場合は、飛行機に乗るための何か他の身分証明の方法があるのでしょうか?

質問3:
もちろんパスポートを紛失しないのが一番良いのですが、万が一に備えて、普段から用意しておいたほうが良い書類等があれば教えて下さい。(戸籍謄本の写しとうが必要だと急には準備できないので。)

以上よろしくお願いします。

中島淳一
エカテリンブルク市



領事部からの返事


中島 様

在ロシア日本国大使館領事部の●●と申します。
中島様のメール拝見致しました。

頂いたご質問に関し、順を追って回答をさせて頂きます。


質問1:

私のように、日本大使館や領事館の存在しない都市に住んでいる邦人がパスポートを紛失した場合、どのようにパスポートを再発行して頂けるのでしょうか?大まかな手順を教えて頂けるでしょうか?

【回答】

・パスポートの紛失の際は、まずは紛失をしたと思われる地区を管轄するロシアの警察に届け出を行い、ロシアの警察が発行する紛失証明書を入手して頂く必要があります。

・その後、旅券の紛失届出書、旅券の発給申請書、必要書類(上記紛失証明書も含みます)を当館に提出頂きます(各申請にあたり必要となる書類は当館ホームページで案内しております)。

http://www.ru.emb-japan.go.jp/japan/JVISANDTOURIZM/passport.html

・なお、現在はHPより申請書を入手することが可能です。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/download/top.html



質問2:

おそらく、エカテリンブルクからだと、モスクワの大使館で手続きすることになると思うのですが、その場合、パスポート無しでは国内移動の飛行機に搭乗できないような気がします、パスポートをなくした場合は、飛行機に乗るための何か他の身分証明の方法があるのでしょうか?

【回答】

・パスポート無く飛行機を利用することは、国内線であっても難しいと思います。

・よって、中嶋様ご本人に旅券紛失届、旅券申請書をご記入頂き、代理人を通じてこれら申請書と必要書類を当館に提出頂くことになります。つまり、代理申請をして頂くことになります。

・一方でパスポートの交付の際は、ご本人様確認をすることが定められており、申請時とは異なり代理人による対応は原則できないこととなっているため、特別に例外が認められない限り、ご本人にお渡ししなければなりません。つまり、代理人による受領が認められなければ、我々がエカテリンブルクに出張し、お渡しすることとなりますが、我々も連絡を頂いてすぐにエカテリンブルクに出張することは難しいため、そうなる場合には時間を要することになります。



質問3:

もちろんパスポートを紛失しないのが一番良いのですが、万が一に備えて、普段から用意しておいたほうが良い書類等があれば教えて下さい。(戸籍謄本の写しとうが必要だと急には準備できないので。)

【回答】

戸籍謄本については、発行後6ヶ月以内のものを提出頂く必要があるため、事前に用意をしておいてもあまり意味が無いかもしれません。なお、パスポート紛失時、パスポートの申請時に必要となる書類は上記で案内している当館ホームページに全て記載されておりますので、そちらをご確認下さい。

なお、効力を有するのは原本のみですが、何かの場合に役に立つこともありますので、パスポートの人定事項ページと有効なロシアビザのページはコピーを取っておくことをお勧め致します。

宜しくお願い致します。


在ロシア日本国大使館領事部

●●

写真はイメージ
(無料写真素材 写真ACより引用)

前の記事へ

【第66回】定年退職のない職場と年金問題

2018年8月30日木曜日

【第66回】定年退職のない職場と年金問題

私の職場には定年退職の規定がありません。そのため多くの大学教員が日本の定年退職年齢を超えても現役で働いています。アメリカの大学でもテニュアを持っている人は高齢になっても働き続ける人は少なくありませんが、私が知っている範囲では、そのような場合、講義や院生の指導を行わないなど、若い時とは働き方が変わり、給料も減額される場合が多いように思います。

一方ロシアでは、70才を超えて講義を持つのは普通ですし、役職についている人も少なくありません。私が赴任した当初の大学附属天文台長も76才でしたし、当時58才だった同僚が学部の時に講義を受けた教授が80代後半で現役でした。私の所属する学科の学科長は55才ですが、もしかすると学科の中では平均年齢以下かもしれません。

長く働ける職場環境であることは研究者にとっては、ずっと興味のある研究を継続できるという意味で良いのですが、同僚たちの話を聞いていると必ずしもポジティブな反応ばかりではありません。ネガティブな反応として、まず最初に挙げられるのが「年金が少ないから辞められない」というものです。年金額は人によって様々なようで、連邦大学職員だと支給額が月5000ルーブルといった場合もあるようです。こうなるととても年金だけでは食べていけませんから働き続けるしかありません。

職場を見渡してみると、高齢でも講義を続けている元気な人もいる一方で、言葉は悪いのですが、ほんとうに「ヨボヨボ」な感じで、職場に来てお茶を飲んでおしゃべりして帰っていくだけ(に限りなく近い)人もいます。しかし、ロシアでは職場の同僚との関係を非常に大切にするので、あまり仕事ができない高齢者が職場にいても誰もそれを咎めませんし、その人たちが仕事できない分は他の人達がカバーしている感じです。とはいえ、もし生活する上で十分な年金が支給されていれば、体力のない高齢者は、おそらくリタイアして自宅で家族と一緒に平和な老後を過ごすのではないのかなという気はします。

高齢スタッフが働き続けることと関連して、若い研究員からは「ロシアの大学ではポストがなかなか空かなくて困る」という意見を聞いたこともあります。上で述べたように、うちの職場もスタッフの平均年齢が高く、若い人がもっと入ってくるべきなのですが、空きができないのでなかなか新規の人が就職できません。

とはいえ、私が面白いと思うのは、日本だとこういう状況になると高齢スタッフにかなり攻撃的な発言をする若手が出てきそうですが、私の職場では、若い人も中堅の人も、皆さん基本的に高齢者にとても優しく接しています。困ったことがあったら助けてあげているし、仲間としてリスペクトしている感じがします。例えば、75才、80才などの節目の誕生日を迎える同僚の誕生日パーティーはうちの職場では欠かせない行事です。こういうパーティーの時、高齢のスタッフも一切遠慮はありませんし、誇らしげに子供や孫を職場のパーティーに連れてきます。ロシアの年金問題は難しい問題ですが、しかしそれが職場で世代間の不協和音につながらないところがロシアとその文化の興味深いところです。

職場の誕生日パーティーの様子

前の記事へ

【第65回】安ウォッカでのたうち回った話